前へ
次へ

子供の頃に交通事故に遭った話

小学校六年生の時に、信号が青にかわったので、自転車で交差点を渡ろうとした時のことです。
自分が交差点を渡り切る前にバイクが突っ込んできたため、自転車の前輪にバイクの前輪が接触し前輪が接触した反動で自転車のハンドルの部分が自分の脇腹を強打しました。
バイクは、カーブをして交差点に進入してきたため、それほど速度は出ていなかったため脇腹強打だけで済みましたが、青信号だと思って周囲に注意を払っていなかったためよけることもできずにぶつかってしまいました。
その後、バイクに乗っていた方が病院まで連れて行ってくれて脇腹の部分が少しあざになっていた程度で済みましたが、治療費と自分の親に対しての謝罪をしていました。
子供の頃だったので、交通事故に遭った時には何が起きたか判断できずかなり焦りましたが、青信号であろうと自転車で移動している時などは気を抜いてはいけないと感じました。
それからは、交通事故に遭わないように交差点を渡る時などは周囲を警戒しつつ渡るようにしています。

Page Top