前へ
次へ

運転への集中と交通事故防止について

自分は大丈夫と思っていても、その過信が交通事故を起こしてしまいます。
近年、高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いが増えています。
免許返納のタイミングは難しいですが、家族の説得が重要な意味を持つのではないでしょうか。
魔の時間帯という表現がありますが、事故が起きる時間帯は集中しています。
朝と夕方、そして雨や霧の時間です。
集中力が散漫になりますし、どんなに気を付けていても事故が起きてしまいます。
また、若者の暴走事故も多発しています。
改造や交通違反を見逃さないことで、歩行者の安全を守ることが出来ます。
自動車業界全体が高い意識を持って、監視することが大切ではないでしょうか。
ここで鍵になるのが、原点に戻ることではないでしょうか。
おそらく大部分の方が、自動車教習所で免許を取得しているはずです。
教官に怒られながらも、必死な思いで免許取得にチャレンジしたはずです。
そんな苦い経験や指導を思い出すことで、ハンドルを握ると慎重さが増します。
イマジネーションを強く働かせることが出来ると、交通事故は減るのではないでしょうか。
更に重要になるのが、保険ではないでしょうか。
対人や対物の任意保険に入っておくことで、まさかの事態に備えることが出来ます。
掛け金を渋らずに、自分に適した自動車保険に入るようにして下さい。
何年かに一度は見直しをするようにして、無駄なオプションがあれば外すようにして下さい。
故障やガス欠時に駆け付けてくれる、ロードサービスが充実している保険もあります。
自動車の知識に乏しい女性や高齢者にとっては、心強いサービスだと言えます。

FP在籍の山梨県の社会保険労務士事務所

これからの自動車の未来は、自動運転システムが導入されると言われています。
ブレーキが自動になることで、交通事故を減らすことが出来ます。
凄惨な交通事故がなくなると、今よりもっと住み易い日本になるのではないでしょうか。
一人一人の心掛け次第で、弱者に優しい日本を作ることが出来ます。

Page Top