前へ
次へ

交通事故に備えてドライブレコーダーを設置

多くの車には、ドライブレコーダーが取り付けられています。
交通事故を考慮しますと、そのレコーダーは設置しておくに越した事はありません。
万が一の証拠を残せるからです。
いざ交通事故が起きた時には、証拠がある方が色々便利です。
例えば車間距離です。
そもそも事故によって負傷した時には、相手の車のドライバーと争うこともあります。
慰謝料も請求する事になる訳ですが、その際に相手に対しては自分の主張を的確に述べなければなりません。
主張する以上は、もちろん何らかの証拠が必要です。
上述のドライブレコーダーという装置には、車周辺の状況を録画できる機能が備わっています。
車間距離も録画されていますが、過失割合などを主張したい時には、その距離は大きな決め手になります。
しかしドライブレコーダーという装置がないと、どうしても自分の記憶だけに頼らざるをません。
やはり物的証拠が決め手になる事が多いですし、万が一の事態を考慮すれば、レコーダーは設置しておく方が良いでしょう。

Page Top